レトロ生活 空き家、実家の片付のポイント

面倒だから、時間がないからと丸ごと処分業者さんへ依頼される前に、まずはレトロ生活へご相談ください。

片付け、不用品処分は依頼の順番が重要です。依頼の順番によっては金額に大きな差が出ます。
例)アンティークストーブ 当店買取査定3万円、某リサイクルショップ2500円、某不用品処分業者 処分代1500円
上記例では3万円プラスに出来たものが1500円マイナスになり、このお客様は大変後悔しておりました。
原則として「古いものの買取依頼」→「新しいものの買取依頼」→「ゴミ処分依頼」 という流れが失敗の確率を下げる順番です。

ポイント1

まず最初に当方へご連絡ください。お客様が予想もしていないようなガラクタが買取対象となって驚かれる方も多いです。
古さや自然についた時代の汚れが価値をアップする物の場合、リサイクルショップさんと順番が逆になると上記のように買取価格に大きな差が出ます。
⇒リサイクルショップさんは比較的新しい中古品をメインに取り扱いますので、骨董品、アンティーク品、古道具的な物の査定には弱く、断られるケースもあります。

ポイント2

次に比較的新しい家電や家具(製造から5年位)などがあればリサイクルショップさんへご相談。
⇒新しいものでもビンテージ品などは当方でも高価買取致します。

ポイント3

最後に残ったものは可能な限りご自身で燃えるゴミ、燃やさないゴミなどで減らし、最後に清掃・廃棄処理業者さんにご相談。
⇒お急ぎの方、何度も片付けに来られない方には提携処分業者のご紹介も可能です。
 ※極端に処分費用の安い業者は不法投棄など問題のある場合もあるのでご注意ください。

処分業者さんではまだまだ使用できる家電などでも「処分代」が発生します。さらにテレビなどは「リサイクル料金」も必要です。
当方では古い家電、パソコン等でも、ごく一部ですが、買取、引取できる場合があります。
その場合「処分費+リサイクル料金」分の費用がお得になります。

最後に

依頼の順番を間違えますと、価値のあるものまでゴミとみなされて高額の処分代となってしまいます。
(一戸建ゴミ処分例 30万〜60万円程度)
面倒だから、時間がないからと丸ごと処分業者さんへ依頼される前に、まずはレトロ生活へご相談ください!
※すでに他のリサイクルショップや骨董屋さんが買い取った後、大きなものが残っている(箪笥、壺、火鉢)ようなケースではお伺いできない場合が多いです。

お急ぎの場合や現在遠方にお住まいで何度も足を運べない等の場合、当方で買取、片付、処分すべて手配することも可能です。
買取、引取からゴミ処分まで提携業者と打ち合わせの上、責任をもって予定を組みますので安心してご依頼ください。


レトロ生活ではお見積りの際、片付けのアドバイス等も行っておりますのでお気軽にご相談ください。


トップページへ戻る